外国人のもてなしとハイヤー

近年は東京オリンピックの開催をはじめとして、海外から訪れる外国人の大幅な増加が話題となっています。このような場合にしばしば日本流のおもてなしの精神を発揮することがよく言われますが、実際には国際化のスピードにまったく対応できていない店舗や施設も多く、おもてなしどころかさまざまなトラブルに見舞われてしまうことも少なくはありません。

特に気をつけておきたいのは、いくら個別の店舗や施設において外国人対応を進めていたとしても、それを取り巻く環境のほうに対応能力が少ない場合には、せっかくの努力が無駄になってしまう恐れもあるということです。たとえば観光地周辺にあるホテルは外国語ができるスタッフを雇用したり、案内文として日本語とともに英語を併記したりといった、単独でできるようなさまざまな取り組みを進めていることがよくありますが、回遊先にあたる商店街や観光地自体が何の努力もしていなければ、訪れた外国人の評価は期待できないということになります。

とりわけ電車やバスなどの公共交通機関に関しては、複雑で分かりにくいというのが日本のイメージとなっており、都市部ではある程度の対策が施されているとしても、都心を一歩過ぎればまだまだ不十分なところが目立つというのも事実です。交通に関して外国人を招いた側での工夫ができるとすれば、例えばターゲットのためにハイヤーのような特別な乗り物を用意することが挙げられます。あるいは最近ですと日本に観光などでの滞在を予定する外国人みずからがハイヤーを調達して、旅行の期間をより有意義に過ごすといったケースもあります。

いずれにしてもゲストである相手の立場に寄り添ったベストなおもてなしが期待できるという意味では、電車やバスなどさまざまな乗り物がある中でも、ハイヤーはトップクラスの評価が得られる手段です。またこれまでの実績やノウハウも豊富です。

ハイヤーは街中でよく遭遇するタクシーとは違って、不特定多数の乗客を運ぶための乗り物ではなく、あらかじめ予約をした上で決められた人を運ぶための乗り物です。運転手であるスタッフと車両の両方をともに専属で借り上げるイメージを持つと分かりやすくなります。このような特色があることから、指定した場所や時刻にぴったりと合わせて送迎してもらうことができますし、途中でどのような場所を回るのかなどといった移動のプランも比較的自由に組むことができるので、観光などの目的での移動の場合にも最適です。特に注目しておきたいのはスタッフの質の高さであって、外国語に堪能なスタッフも多く、外国人が相手でも適切なおもてなしが期待できる点が大きいといえます。