観光でも活躍するハイヤー

ハイヤーといえば大企業の役員などが得意先の訪問や会議、打ち合わせなどにおける移動の際に利用するイメージを持たれがちですが、必ずしもこのような目的に限定された乗り物ではありません。実は法人ではなく個人であってもハイヤーを予約することは可能ですし、逆に目的のためには合理的な選択となることもあり得ます。

例えば観光のためにさまざまな場所をめぐる場合には、通常であれば電車やバスを乗り継ぐことになりますが、その場合には出発時間や到着時間、あるいは路線や経路などをあらかじめ確認した上で、時間に遅れることがないように行動しなければなりません。ハイヤーであれば一日借り上げる契約をしておけば、その日は利用者が自由に時間や経路、目的地などを設定することができますので、こちらで詳細な準備をしなくても、あとはハイヤー会社の方で適切な移動環境を提供してくれます。

個人で予約をするのであれば、事前に相談をしておすすめの観光スポットや経路などのアドバイスを得ておくのも良いでしょう。移動に関しては、ハイヤー会社はプロフェッショナルですので、これまでの経験やノウハウを生かして、さまざまなプランを提供してくれます。観光とはいっても神社仏閣などの歴史や伝統を感じさせるスポットに興味がある人がいる一方で、祭りや花火大会などの華やかなイベントの方に興味をそそられる人もいます。目的に合わせてアドバイスができるのもハイヤー会社ならではの強みです。心に残る思い出をつくるためにも、相談をすることには大きなメリットがあります。

当日のスタッフの配置や配車なども、個人の興味などを踏まえて合わせてくれるケースが多くなっています。例として外国人が日本を旅行する場合を考えると、外国語ができるスタッフを当日の担当に据えるといった配慮をしてくれます。観光スポットに到着した場合も、完全に自由見学が良ければスタッフも出発時刻までは待機しますし、逆に観光スポットの歴史や由来などを知りたいという意向がある場合には、その場でスタッフが案内をしてくれますので、有意義な時間を過ごすことができます。もちろん外国人に対して外国語でこうした案内をすることも可能で、他の交通手段と比較してみれば、スタッフのレベルという面でもかなりの優位性があることが分かるでしょう。

ハイヤーによる旅行を大切な機会に利用すること、例えば金婚式や銀婚式を挙げた両親のために用意するなど、プレゼントとして使うことも可能です。プレゼントといえばつい高価な物品だけをイメージしてしまうものですが、昨今は体験型観光なども盛んになっているとおり、物品ではなくイベントや出来事そのものをプレゼントするという方法を採用することも多くなっています。これは心の片隅にとどめておいても良いアイディアです。このような場合の演出やプランについても、ハイヤー会社では相談に応じてくれますので、一般的な観光の場合と同様に相談をしてみるのが良いでしょう。